FC2ブログ

みんなのゲイ体験・ゲイ小説

当ブログでは、エロいゲイ体験・小説、連載などを扱っています!
みんなのゲイ体験・ゲイ小説 TOP  >  ゲイ小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ゲイ小説】ホテルマンとデカチン男


僕が働いているホテルは国内でも最上級クラスのホテルだ。
泊まりに来るお客様もリッチな方が多く、高レベルな接客が求められる。

でも...僕は自分の性欲が抑えきれなくなり、たまに大きな失敗を犯してしまう…。

その日僕は清掃担当になっていた。
このホテルでは、フロントも清掃もシフトで回ってくる。
他の従業員は清掃業務を嫌がるが、僕は違った。
なぜならホテル最上階のスパの清掃で、男性客のアソコが見放題だからだ。

僕は胸を躍らせながらスパの清掃へと向かった。

さすが高級ホテルに泊まってるだけあって
お客様の体は引き締まった筋肉体系が多い。

そして下半身には、大きなモノをぶら下げたお客様ばかり...
僕は清掃をしながらも、チラチラとお客様の体を舐めまわすように見ていた。

その中でも僕は、30代くらいの男性が目に留まった。
綺麗な筋肉にこんがり焼けた肌、そしてなによりぶらさげている大きなモノ...
平常時なのに推定15cmはありそうなずっしりしたモノに僕は夢中になった。

あぁ...あんな大きなモノを口に含みたい...
僕はそんなことを思いながら、清掃をしていた。
そして清掃を終えスパを出ようとしたとき
耳元で誰かが囁いた。

「ちょっといいかい?」

僕はびっくりして振り返ると
さっき夢中になって見ていたデカチン男性だった。

「あの...なにか不具合がありましたでしょうか?」

僕はビクビクしながら聞いた。
もしかしたら、僕がジロジロと見ていたのがバレたのかもしれないと思いながら。

「いや...ちょっと部屋のイスが調子悪いんだ。
僕の部屋に来て見てもらえないかい?」

僕はホッとした。

「承知いたしました」

僕がそう言うと、男性客はロッカールームへ行き体を拭いた。
そしてその美しい体とデカいモノを拭き終えると
服を着て僕の方へと寄ってきた。

「じゃあ行きましょうか」

僕は少しドキドキしながら、男性客の後に着いていった。
そして部屋へ着き、僕はイスの点検をおこなった。

「少し...ぐらつきますね。申し訳ありませんでした。
すぐに新しい物にお取替え致します」

僕はイスを持ち上げ、部屋を出ようとした。

「ちょっと待ってくれるかな」

部屋を出る寸前でお客様に呼び止められた。
そして僕は振り返ると驚愕した。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2015/08/03 02:55 ] ゲイ小説 | TB(-) | CM(0)

【ゲイ話】俺は部長の性処理道具


この会社に入社したことをずっと後悔している。

俺は山下聡、25歳のサラリーマンだ。
夢と希望に胸を膨らませて、3年前にこの会社に入社した。

でも現実は厳しかった。人よりも仕事が遅く、怒られる毎日。
プレッシャーに押しつぶされそうになっていた。

会社での俺のあだ名は”疫病神”
俺が企画チームに入ると、必ず失敗するからと命名された。
回ってくる仕事は雑用ばかり。

そんな日々が続き
ストレスでおかしくなりそうになっていた時、部長に呼び出された。


「君は仕事が遅い、気が利かない」

「...すいません...」

俺は謝ることしかできなかった。

「このままだと辞めてもらうしかないな。
でも...一つだけ方法がある」

「...どうすればいいんでしょうか?」

「頭がないなら、体を使うんだよ」

そう言うと部長は、俺の股間をガッと掴んできた。

「どういう...ことでしょう...」

「お前、俺のおもちゃになれ」

部長の信じられない言葉に、俺は戸惑った。
でも、それ以外この会社にいる方法はない。
俺は部長のおもちゃになることを決めた。


「今日からお前は俺のおもちゃだ。
まずは俺のコレを掃除してもらおうか」

そう言うと部長はスーツのチャックを下ろして自分のモノを取り出した。

「お前が思うように掃除してみろ。上手くできたら褒美をやるぞ」

ご褒美。俺はその言葉に胸を躍らせた。
今まで怒られたことはあっても、褒められる、ご褒美をもらえることなんて無かったからだ。

俺は部長のモノを口に頬張り、たくさんの唾液を使って掃除した。
しょっぱくて、少し苦い。でも部長の感じている姿を見ると嬉しかった。
俺の口奉仕で、部長が喜んでいる。もっと...もっとしたい。

「あぁ...上手いぞ山下...もっとだ...もっと綺麗にしなさい」

「はいっ!」

俺は更に激しく部長のモノを掃除した。
この会社に入社して以来、初めて褒められた。
それだけで、俺の心は有頂天になっていた。

「部長...俺嬉しいですっ...!部長のおもちゃになれて」

「あっ...ハァ...山下...お前変態だな...すっげぇ気持ちいいよ...
そろそろイキそうだ!...ご褒美受け取れ!!!」

そう言うと部長は、俺の頭をガッと抑えて奥までモノを押し込んだ。

どぴゅっ!!

次の瞬間、部長は俺の喉奥深くにご褒美を流し込んだ。

「ハァ...ハァ...ご褒美美味しいか?山下」

「美味しいです部長!もっとください!」

俺は喜びのあまり、思わず部長に抱き付いた。


「可愛いなぁ山下...また明日ご褒美やるからな」


俺はこれから部長のおもちゃとして生きていく。
初めて俺を必要としてくれた、愛する部長のおもちゃとして。



[ 2015/07/24 01:32 ] ゲイ小説 | TB(-) | CM(0)

【ゲイ小説】「泥酔イケメンリーマンお持ち帰り」




とある金曜日、俺は会社の飲み会で帰りが遅くなっていた。
やっと最寄り駅に着いて、自分の部屋へ向かっていると...
歩道で寝転がっているリーマンがいたのだ。

金曜日だし、飲みすぎて寝てるんだろう。
そう思って素通りしたが、結構いい男だった。
顔は爽やか体育会系、スリムスーツのもっこりがエロかった...
あの姿を思い出したら、急に俺の股間は熱くなっていた。

そして俺は、リーマンの元へと引き返してしまった。
彼へと近づき、少し体を揺すってみた。しかし起きない。
今度はもっと強めに揺すってみた。すると...

「うっ...あぁ...」

「目覚めましたか?」

リーマンは少し苦しみながら起き上がった。

「大丈夫ですか?帰れます?」

俺はそう聞いたが、リーマンは寝ぼけているのか何も言わない。
これは...チャンスかもしれない...

「うち行きましょう!こんなところで寝てると危ないですから!」

俺は寝ぼけているリーマンにそう言って、肩を担いでうちまで運んだ。
その間リーマンは起きているのか寝ているのか分からない状態だった。

なんとかリーマンを連れて、自分のマンションへと入った。
そして部屋の明かりをつけて、改めてリーマンの顔を見た。
本当にいい男だ。
黒髪の短髪でキリっとした顔、左手薬指には指輪をしていた。
既婚か...美味そうだ。
俺の中で、淫乱な欲望が膨れ上がった。


「スーツ...脱ぎましょうか...シワになってしまいます」

俺はそう言ってリーマンのスーツを脱がせた。
もちろんシワなんてどうでもいい。
ただ、リーマンの裸を見たかったのだ。

リーマンは意識があるのかないのか微妙な状態だった。

俺はまず上を脱がせてあげることにした。
ジャケットを脱がせ、Yシャツを脱がせ、徐々にリーマンの肉体が
浮かび上がってきた。
いい体だ。脂肪と筋肉のバランスがちょうどいい。
[ 2015/07/20 21:13 ] ゲイ小説 | TB(-) | CM(0)

【無料ゲイ小説】 「先生はゲイ?」




俺は25歳のフリーター。
大学を出て就職をしたが、わずか1カ月足らずで辞めてしまった。
その後はアルバイトをやったり辞めたり。今はコンビニでアルバイトをしている。
ちなみにゲイだ。男が好きだ。


その日も普通にアルバイトをしていた。

「いらっしゃいませぇ~。お預かりします」

俺がレジを打っていると、その客はじっと俺のことを見つめている。
なんだよ、このオヤジ...正直そう思ったが知らん顔をしてレジを続けた。

「お前...佐伯か?」

オッサンが急に話しかけてきた。

「はい...そうですけど...なぜ名前を?」

その日、俺は家に名札を忘れてきてしまっていた。
だから俺の名前なんて分かるはずない。俺は不思議そうな顔をした。

「覚えてないか?俺だよ!俺!
 中学の時のお前らの担任だった今井だ!」

「あーっ!!今井先生!?」

”今井”という名前を聞いて俺はすぐに思い出した。
俺が中学の時の担任の先生だ。

それと同時に、俺はあの頃の恋心も思い出していた。
俺は今井先生のことが好きだったんだ。
専攻は社会で、いつもかっこよくスーツでキメてたっけ...

「お前...就職しなかったんか?」

恋心を思い出し、感傷に浸る俺に水を差すように
今井先生はそう言って来た。

「いや...したんですけど辞めちゃって」

「そうか...」

少ししょんぼりしている先生が可愛かった。
そりゃあ年取ったけど、あの頃と変わらず体は締まっているし
スーツも似合ってる。

「おい佐伯!うちで飲もう!先生、バイト終わるの待ってるから!」

急に先生はそんなことを言って来た。
俺の返事も聞かず、先生はコンビニから出て駐車場のところで待っていた。

それから1時間後、俺はバイトを終えてコンビニを出た。

「先生...お待たせ」

「おう佐伯!じゃあ行こうか」

俺は先生の車に乗り込んだ。
好きだった先生と10年ぶりに再会して、車の中に二人きり
俺はそんな状況が嬉しくて、でも少し恥ずかしかった。

「よし、着いたぞ!」
[ 2015/07/20 04:08 ] ゲイ小説 | TB(-) | CM(1)

【無料ゲイ小説】「ゲイに目覚める子持ちリーマン」 第2話「はじめての男穴」


<<第一話「はじめてのフェラ」



初めて男のフェラを味わった俺は、その快感を忘れられずにいた。
確かに行為の後、男としている事への罪悪感があった。
でもその罪悪感はすぐに覚めて、俺は新たな快感を欲しがっていた。

”次は男の穴を味わいたい”

俺はすぐに行動に出た。
アプリを開いて、ゲイを探し始めたのだ。

わりとすぐに相手をしてくれるゲイは見つかった。

21歳の大学生、見た目は短髪の筋肉質。
プロフには「おっきいの入れて欲しい」と書いてあり
俺の男穴初体験にはもってこいの男だと思った。

俺はすぐに連絡を取り、結婚していて子供がいることも伝えた。
すると彼は、むしろ興奮するらしく、すぐにやりたいと言ってきた。

俺は妻に、残業で遅くなることを伝えて
会社帰りにすぐに彼のマンションへと向かった。

そして彼の部屋に着くと、なんと玄関のドアが少し開いていたのだ。
入ってもいいというサインだろうと思い、俺は中に入った。
そして薄暗い廊下を通って、リビングへと向かった。

リビングに入ると、テレビには男同士のエロビデオが流れていた。
そして、その前で裸で目隠しをして手足を縛られた男がいたのだ。

「あんっ...ハァ...ハァ...」

男は自分の穴を指でいじりながら、喘ぎ声をあげていた。
俺はその光景に興奮して、すぐに勃起した。
そして俺は男に近寄った。

「早く......早くここに入れて...」
男は俺に気づいたのか、自分の穴を触りながら
擦れた声でそう言った。
[ 2015/07/19 15:08 ] ゲイ小説 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。