FC2ブログ

みんなのゲイ体験・ゲイ小説

当ブログでは、エロいゲイ体験・小説、連載などを扱っています!
みんなのゲイ体験・ゲイ小説 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲイ小説 >  【無料ゲイ小説】「真夏のエロリーマン」 第二話「ペットになったリーマン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【無料ゲイ小説】「真夏のエロリーマン」 第二話「ペットになったリーマン」

<<第一話はコチラ


前回のあの一件以来、取引先の浅川部長とは毎週のように行為をしている。
とくに用事がない時でも、何か理由を作って足を運び
部長の淫乱な肉棒で、掻き乱されている。

部長との行為は気持ちいい。
しかし...ただ欲を満たすためだけに、毎週取引先まで行くのは
少し面倒だとも感じ始めていた。
社内にいいペットを作りたい。淫乱な俺はそんなことを考えていた。


真夏のエロリーマン 第2話 「性処理ペットになったリーマン」



「処分する書類はこれで全部ですか?」

俺にそう聞いてきたのは、社内の清掃員の松田。
おばちゃんだらけの清掃員の中で、ただ一人の若い男だ。

「あぁこれで全部だよ。よろしくね松田君」

彼はいい男だ。
黒髪の短髪に整った顔、俺のタイプど真ん中だった。
でもそれ以上に目を惹くのは、彼のもっこりだ。
薄緑色の制服にくっきりと亀頭が浮かび上がっている。
おそらく相当なモノを持っているのだろう。

俺はそのもっこりを見るたびに、体の中が熱く煮えるような興奮を感じていた。
ペットにするなら彼しかいない。でもどうすればいいのだろうか...。

俺は次の日から、彼を見張るようになった。
何か弱みを握りたい。彼を従わせることができるだけの何かを。
しかし数週間見張ったが、彼は弱みなんて見せなかった。
もう無理か...そう思っていた時だった。

「あの...なにか?」

彼が不信そうな目でこっちを見てきた。

「い...いや!なんでもないよ!ごめんね」

俺は慌てて謝った。しかし彼は変わらず不信そうな目をしている。

「なんでもないことないですよね...?
 ここ数週間、ずっと俺のこと見張ってませんか?」

「見張るなんて...そんな...してないよ」

俺がそう言うと彼はこっちに寄ってきた。
そして俺の手を掴んで、なんと自分の股間へと導いたのだ。

「坂下さん...これに興味があるんでしょ?」

俺は平静を装いつつも、彼の大きなもっこりに触れ
改めてそのデカさに驚いていた。
そして俺は、彼のモノをゆっくりと揉みだした。

「君を...ペットにしたかったんだ...」

その状況に思わず俺は本音をこぼしてしまった。

「ペット...か。それは無理だけど
 坂下さんを俺のペットにすることならできますよ」

彼のこの大きなモノに触れられるなら、
ペットだろうが奴隷だろうが、なんにでもなれる。
俺はそう思って彼の言葉に頷いた。
そして、彼のズボンのチャックを開けてモノを取り出した。
デカい...まだ勃起もしていないのに俺の勃起時を遥かにに超えるデカさだった。
俺はその淫乱なモノに必死にしゃぶりついた。

「デカイだろ?俺の。これが欲しかったんだよなぁ?
 淫乱坂下さん!」

「...ふぁい!欲しかった...です!美味しいです!」

彼は俺を鋭い目で見降ろしながら言い放った。
俺はその言葉に興奮し、彼のモノを喉奥深くまで飲み込んだ。

「んあぁ...っ...上手いじゃん坂下。
 気持ちいいよ」

彼のモノはギンギンに勃起し、俺の喉を突いた。
俺はあまりの興奮で、触ってもいないのに何度も何度もパンツの中で射精していた。

「おい?お前スーツからなんか滲み出てるよ?」

「あっ...すいません...興奮して射精してしまいました...」

「マジかよ!?触ってもねーのにいっちゃったの?
 ほんと淫乱なんだな坂下」

そう言うと彼は、俺のスーツを脱がせてパンツをめくった。

「うわっ汚ねぇなぁー。すげえイカくせえ。
 ...おい...これ自分で舐めてみろよ?」

「えっ…?」

俺の返事も聞かず、彼はパンツを脱がせて俺の口へと入れてきた。

「うっ...おえっ...」

俺は自分の液のにおいに吐き気を感じ、涙を流した。

「ホントなんでもするんだなお前...
 おい、次は四つん這いになれ!」

俺は彼の指示通り四つん這いになった。
そして、彼は俺の穴にそのデカいモノを差し込んだ。

「痛っ...!すいませんご主人様...
 少し慣らしてください...」

「うっせー!黙って掘られてろ!」
彼は俺の言葉なんて聞かなかった。
そして彼はその凶器で俺の穴を掻き乱した。

「痛っ...でもっ...あっあああっ気持ちいい!」

俺の穴はすぐに彼のデカいモノに順応した。

「もう気持ちよくなってんのかよ!?
 ホント淫乱だな!おらもっと穴締めろ!」

「はっ...はい!!」

彼のデカいモノが俺の前立腺を刺激する。
その快感で、俺は何度も何度も射精した。

「さすが...変態だな!!
 もう床中びちょびちょじゃねーかよ!」

「あっ...あああっ!!!ごめんなさい!!
 でも...また出ちゃいます!ああああっ」

「ああっ...エロいね坂下...
 俺もそろそろイキそうだ!...顔にぶっかけるぞ!」

どぴゅっ!!!びゅるるるるっ!!!

「ハァ...ハァ...ハァ...」

彼は凄まじい勢いで俺の顔に射精をした。

「汚れたところ、全部綺麗に舐めて掃除しとけよ。
 終わったら言いに来い。もう一本ご褒美やるから」

俺はご主人様のいいつけ通り綺麗に掃除した。
そしてご褒美ジュースをたっぷりと注いでもらった。




次回もエロリーマン坂下が
会社関係者と淫乱ゲイセ〇クス!
ご期待ください♪

7/17日、第3話公開しました!
>>第3話はコチラ

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[ 2015/07/15 16:02 ] ゲイ小説 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。